banner

家族葬ではお布施も必要になる

家族葬であっても、読経を行う場合にはお坊さんを呼ぶのが一般的です。もちろん無料で全て行ってくれるわけではないので、料金を支払う必要が出てくるでしょう。この場合には料金の支払いとは呼ばず、お布施と呼ぶのが一般的です。では、どれぐらいのお布施が必要になるのでしょうか。それは読経をどのように行うのか、戒名などが必要になるのかなどによっても異なってきます。

そこで大体の目安を説明しますが、必ずこの金額になるというわけではないので注意が必要です。最も安く済ませたい場合には、火葬のときのみ読経を行ってもらい、俗名のみで済ませる場合です。この場合には大体5万円から7万円前後で済ませることができます。逆に最も高くなるパターンというのは、2日間読経を行ってもらい、院号を付けてもらう場合です。この場合には50万円前後は必要になるのですが、料金は多少余裕を持っておくべきです。

このようにどのような戒名を付けてもらうのか、読経はどれぐらい行うのかによって、支払う料金にもかなり差が出てきます。ちなみにお布施とは別に、車代や御膳料なども必要になります。もっと詳しく知りたい場合には、家族葬を行う前に直接問い合わせてみるのがよいでしょう。

Copyright©2018【家族葬を行う前に情報収集をしておく】 All Rights reserved.